捕手として球宴に 中日・谷繁監督に丸裸にされるセ投手陣

公開日: 更新日:

「とにかく上を目指して必死でやりたい」

 17日、中日の谷繁兼任監督(43)が前半戦終了のオーナー報告を行い、後半戦の巻き返しを誓った。白井オーナーから「Aクラスに手がかかった4位。(兼任)監督の特色をより明確にして努力してもらえれば優勝できる」と、ハッパをかけられた谷繁監督は、後半戦で選手として出場機会を増やすつもりでいる。逆転優勝のために「捕手谷繁」にかかる期待は大きい。

 その谷繁監督は選手として球宴に出場する。球界では、「中日からは谷繁監督をはじめ、最多の5選手が監督推薦で選ばれた。全セを率いる巨人の原監督が9勝3敗と勝ち越す中日を『お得意さま』にするための懐柔策だ」という声や、「全容が見えない『谷繁野球』をリサーチするためじゃないか」との話もあるが、中日のチーム関係者はこう言う。
「ウチの監督はむしろ、その観察眼でいろんな選手を丸裸にしてくれると思う。特にウチが苦手にしている菅野、坂本(ともに巨人)、マエケン(広島)あたりはターゲットになるだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  5. 5

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    手越祐也が“激アツ”会見でマザマザと見せた驚異のスケール

もっと見る