なれ合い、茶番が常態化 全パ伊東監督も嘆く「球宴不要論」

公開日:  更新日:

「オールスターは遊びじゃない。真剣勝負で、それを楽しみにしているファンも多いんだから」
 試合前の全体ミーティングで、全パ伊東勤監督(51)が声を大にした。

 試合は7−0で全セが勝ったが、出てくる投手はなんとかのひとつ覚えのように直球勝負を繰り返し、一塁ゴロでタッチされそうになった中村(西武)が本塁方向に逃げると球場は爆笑の渦。かつてセとパが鎬を削った球宴も、近年は選手たちによる「なれ合い」の場と化している。

 昨年は中田(日本ハム)の打席で、投手の藤浪(阪神)に内角へのスローボールを2球続けて投げるよう西岡(阪神)が指示した。2球目が中田の背中を通ると、ガン黒の中田が顔を真っ赤にして激怒――という、大阪桐蔭出身選手たちによる茶番が演じられた。12年の球宴でも、阿部(巨人)が打席で大道(現ソフトバンク二軍打撃コーチ)のフォームの物マネ。ベンチの選手は笑い、まっとうなファンは首をかしげていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る