データ主義で大敗 巨人・原監督“赤っ恥采配”の波紋

公開日:  更新日:

「解せない。理解不能のシフトだった」
 巨人OBで評論家の高橋善正氏が首をひねった。

 問題の場面は11日の阪神戦、巨人が2点を勝ち越された六回1死二、三塁。打者西岡をカウント2−2としたところで、巨人の原監督が左翼の亀井に三遊間の位置に守るよう指示した。2人になった外野は、中堅手の松本哲が左中間、右翼手の長野が右中間へ。東京ドームがどよめいた内野5人、外野2人の原監督の奇策はしかし、完全に裏目に出たのだ。

 西岡の平凡な飛球は何と無人の中堅の定位置付近へポトリ。この2点適時二塁打で2−6となり、試合は決した。
 結果的に赤っ恥をかいたこのシフトの直前、六回1死二、三塁でマウンドに歩み寄った原監督は両手を広げ、内野はもちろん、外野の3人まで呼び寄せた。左打者の今成という場面で左翼の亀井を一、二塁間の位置に守らせたものの、今成に代わり、代打の西岡が右打席に立つと亀井は左翼に戻っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る