日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自ら決断強調も…楽天星野監督は「解任」これだけの理由

「三木谷会長が会見に出るなんて珍しい」

 球団関係者も思わず驚きの声を上げた。

 18日、3年契約の1年目で電撃辞任することになった楽天の星野監督(67)。夕方から行われた退任会見で三木谷浩史オーナー(49)と、小さなテーブルに寄り添うように座った。

「本当に素晴らしい監督。全力で慰留を続けたが、本人の辞意が固く、本日正式に受理した」と話した三木谷オーナーは、今後の星野監督について「より高いところから関わっていただきたい」と、名誉監督などのポストを用意することを示唆した。

 一方、星野監督はチームがBクラスに沈む現状に触れ、「直接の原因は成績。しかも2カ月間も戦場から離れた。オーナー、社長からはもう1年、何年でもいいから、と諭されましたが、勝負師としてシーズンを(途中で)離れることはあってはならないと決意した次第」と、自らユニホームを脱ぐ決断をしたと強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事