則本が救援失敗で3連敗 楽天ナインの士気なぜ上がらない?

公開日:  更新日:

 楽天がヒドい。九回に5点差をひっくり返された前日に続き、7日もダメージの大きな負け方だった。

 同点の九回、星野監督がマウンドに送り出したのは則本(23)。5戦連続KO、7月に1勝もできなかったエースを今季2度目の救援に回したものの、延長十回1死から連続長打を浴びてサヨナラ負けだ。

 則本をリリーフで使って勝利につながれば、エースも復活するし、チームも勢いづく。だが、リリーフ失敗で、このカード3連敗。指揮官の勝負手は完全に裏目に出た。

 難病から復活した星野監督が指揮を執るようになった7月25日から、これで3勝9敗。指揮官復帰でナインの士気が鼓舞されるどころか、4カード連続で負け越した。連敗は「5」に伸び、借金は「20」まで膨れ上がった。星野監督が復帰する以前に指揮を執った大久保監督代行は8勝9敗と5割近い勝率を残したにもかかわらず、だ。

「守る方と打つ方がかみ合わないと、こういう連敗になる」とは試合後の星野監督だが、それだけでここまでチームが低迷したり、尾を引くような連敗をするとも思えないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る