星野監督復帰後は勝率3割 楽天は「田尾監督以下」目前

公開日:  更新日:

 今の楽天が「球団史上2番目」に弱いことは間違いない。

 21日の日ハム戦に4-9で惨敗。先制点を挙げながら、先発の辛島が2回4失点でKOされると、2番手の宮川も2回5失点と火に油を注いだ。星野監督は試合後、「(2人の失点は)全部、精神的なものじゃないのか」と仏頂面。これで今季ワーストの借金22。勝率もついに4割を切った。星野監督の復帰以降に限れば、20試合で6勝14敗。チーム周辺では「今と1年目の楽天、どっちが弱いか?」なんて話題になるほどである。

■参入元年は勝率.281

 田尾監督が指揮を執った参入元年の05年は球界再編のあおりを受け、近鉄とオリックスの寄せ集め軍団に過ぎなかった。この時は38勝97敗で勝率.281。星野監督復帰後の勝率.300は当時に次ぐ数字なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る