好調ロイヤルズ投手陣 最速160キロ超“剛腕”ズラリの理由

公開日:  更新日:

 剛速球で地元ファンをとりこにしているのがロイヤルズ投手陣だ。

 ワールドシリーズ第2戦では先発右腕のベンチュラ(23)が最速100マイル(約160キロ)をマークするなど、155キロ超の速球を連発。2番手右腕のヘレーラ(24)は最速162キロを記録すると、デービス(29)、守護神ホランド(28)が160キロ近い直球でジャイアンツ打線をねじ伏せた。他にも、左腕コリンズ(25)、右腕クロウ(27)ら剛腕セットアッパーが目白押しだ。

 ロイヤルズの本拠地・カンザスシティーは「Cow Town」(肉牛の町)の異名を持ち、ステーキやバーベキューが名物料理。ロイヤルズ投手陣に速球派が多いのは、極上の牛肉を食べているからか。

「2006年にデイトン・ムーアGMが就任してから、身体能力を重視したスカウティングを行っている。長期間にわたって低迷していたため、ドラフトで優先的に有望な選手を獲得できるのはもちろんですが、GMの方針から粗削りで体格にハンディがあっても、走力、肩、パワーなどにたけた選手を指名する傾向が強い。低予算で運営するチームの宿命としてマイナー組織が充実しているため、粗削りな選手が育つ土壌もあります」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る