日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

PS6連勝 ロイヤルズの快進撃を支える「機動力」と「堅守」

 13日(日本時間14日)にロイヤルズの本拠地カウフマン・スタジアムで予定されていたア・リーグ優勝決定戦第3戦は、雨のため14日に順延となったが、青木宣親(32)が所属するロイヤルズの勢いが止まらない。

 オリオールズとのリーグ優勝決定戦では敵地ボルティモアで2連勝。ポストシーズン(PS)はアスレチックスとのワイルドカードゲーム、エンゼルス(西地区優勝)との地区シリーズも含めて6戦して負けなし。PS初戦から6連勝したのは松井稼(現楽天)が所属した07年のロッキーズ以来、史上4球団目だ。

 この快進撃を支えているのが、レギュラーシーズンで30球団一のチーム盗塁数を記録した機動力だ。エスコバー、青木の1、2番コンビを筆頭に相手の隙を突く走塁が徹底され、PSでのチーム盗塁数は13個。リーグ優勝決定戦に駒を進めた4球団の中でダントツだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事