• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WS第2戦はロイヤルズ勝利も…青木は無安打で途中交代

 29年ぶりの世界一を目指すロイヤルズが、息を吹き返した。

 22日(日本時間23日)のワールドシリーズ第2戦は2-2と同点の六回無死一、二塁から5番バトラーの左前適時打で勝ち越し。1死後、ペレスが右中間二塁打、インファンテが2点本塁打で続き、この回、大量5点を奪って突き放した。

 バトラーは一回にも同点の左前適時打を放っており、この日は3打数2安打2打点。04年にドラフト1巡目で入団したロイヤルズ生え抜きのパワーヒッターが活躍し、対戦成績を1勝1敗のタイとした。

 青木宣親(32)は「2番・右翼」でスタメン出場したが、二回2死二塁の好機で左飛に倒れるなど3打数無安打。守備でも精彩を欠き、六回表の守備からベンチに下がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る