WS第2戦はロイヤルズ勝利も…青木は無安打で途中交代

公開日: 更新日:

 29年ぶりの世界一を目指すロイヤルズが、息を吹き返した。

 22日(日本時間23日)のワールドシリーズ第2戦は2-2と同点の六回無死一、二塁から5番バトラーの左前適時打で勝ち越し。1死後、ペレスが右中間二塁打、インファンテが2点本塁打で続き、この回、大量5点を奪って突き放した。

 バトラーは一回にも同点の左前適時打を放っており、この日は3打数2安打2打点。04年にドラフト1巡目で入団したロイヤルズ生え抜きのパワーヒッターが活躍し、対戦成績を1勝1敗のタイとした。

 青木宣親(32)は「2番・右翼」でスタメン出場したが、二回2死二塁の好機で左飛に倒れるなど3打数無安打。守備でも精彩を欠き、六回表の守備からベンチに下がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  4. 4

    ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

  5. 5

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  6. 6

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る