WS第2戦はロイヤルズ勝利も…青木は無安打で途中交代

公開日: 更新日:

 29年ぶりの世界一を目指すロイヤルズが、息を吹き返した。

 22日(日本時間23日)のワールドシリーズ第2戦は2-2と同点の六回無死一、二塁から5番バトラーの左前適時打で勝ち越し。1死後、ペレスが右中間二塁打、インファンテが2点本塁打で続き、この回、大量5点を奪って突き放した。

 バトラーは一回にも同点の左前適時打を放っており、この日は3打数2安打2打点。04年にドラフト1巡目で入団したロイヤルズ生え抜きのパワーヒッターが活躍し、対戦成績を1勝1敗のタイとした。

 青木宣親(32)は「2番・右翼」でスタメン出場したが、二回2死二塁の好機で左飛に倒れるなど3打数無安打。守備でも精彩を欠き、六回表の守備からベンチに下がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. 6

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  7. 7

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る