日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロ軍青木は空回り? 日本人打者とWSとの不吉な“ジンクス”

 ロイヤルズ29年ぶりの世界一達成は、青木宣親(32)が鍵を握りそうだ。

 今ポストシーズン(PS)は「2番・右翼」で8試合に出場。27打数7安打の打率2割5分9厘ながら、相手の隙を突く好走塁を見せ、チーム2位タイの6得点。ジャイアンツのボーグルソン投手(元阪神)が「打線でキーマンのひとりになっている印象」と警戒する通り、1番エスコバー(5得点)とともに、チームの牽引役として存在感を発揮している。

 ロイヤルズは1、2番の出塁と機動力がワールドシリーズ(WS)でも勝敗を左右しそうだが、青木の活躍は空回りする可能性がある。過去のWSで、青木と同じような役割を務めた日本人選手は揃って敗退しているからだ。

 07年にはロッキーズ・松井稼(現楽天)が2番打者としてPS通算3割4厘と結果を残したが、WSでは松坂、岡島のレッドソックス相手に4連敗。08年にはレイズ・岩村明憲(前ヤクルト)がリードオフマンを任され、攻守にわたって活躍しながら、フィリーズに1勝4敗で敗れ、球団史上初の世界一を逃した。

 ロッキーズ、レイズともそれぞれ、レギュラーシーズン終盤から勢いに乗って勝ち上がったチーム。ご存じのように、ロイヤルズもワイルドカードゲームから8連勝と快進撃を続けてきた。

 青木はチャンピオンリングを手にできるのだろうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事