ロ軍青木は空回り? 日本人打者とWSとの不吉な“ジンクス”

公開日:  更新日:

 ロイヤルズ29年ぶりの世界一達成は、青木宣親(32)が鍵を握りそうだ。

 今ポストシーズン(PS)は「2番・右翼」で8試合に出場。27打数7安打の打率2割5分9厘ながら、相手の隙を突く好走塁を見せ、チーム2位タイの6得点。ジャイアンツのボーグルソン投手(元阪神)が「打線でキーマンのひとりになっている印象」と警戒する通り、1番エスコバー(5得点)とともに、チームの牽引役として存在感を発揮している。

 ロイヤルズは1、2番の出塁と機動力がワールドシリーズ(WS)でも勝敗を左右しそうだが、青木の活躍は空回りする可能性がある。過去のWSで、青木と同じような役割を務めた日本人選手は揃って敗退しているからだ。

 07年にはロッキーズ・松井稼(現楽天)が2番打者としてPS通算3割4厘と結果を残したが、WSでは松坂、岡島のレッドソックス相手に4連敗。08年にはレイズ・岩村明憲(前ヤクルト)がリードオフマンを任され、攻守にわたって活躍しながら、フィリーズに1勝4敗で敗れ、球団史上初の世界一を逃した。

 ロッキーズ、レイズともそれぞれ、レギュラーシーズン終盤から勢いに乗って勝ち上がったチーム。ご存じのように、ロイヤルズもワイルドカードゲームから8連勝と快進撃を続けてきた。

 青木はチャンピオンリングを手にできるのだろうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る