ロイヤルズ地区S進出 弱小チーム甦らせた巧みなチーム運営

公開日: 更新日:

 長引く低迷から一時はア・リーグのお荷物とまでいわれた青木宣親(32)所属のロイヤルズが、久々に日の目を見た。

 9月30日(日本時間10月1日)、アスレチックスとのア・リーグのワイルドカードゲームを戦い、延長12回にもつれ込む死闘の末9―8でサヨナラ勝ち。ワールドチャンピオンになった85年以来、29年ぶりのポストシーズン進出を果たしたからだ。

 サイ・ヤング賞右腕ブレット・セイバーヘイゲン、主砲ジョージ・ブレットらを擁して85年に世界一を達成して以降は長期低迷。04年からは3年連続でシーズン100敗を記録するなど、長らくポストシーズンから遠ざかった。08年には日本ハムを日本一に導いたトレイ・ヒルマンが監督に就任したものの、再建できずに10年のシーズン途中に解任された。

 開幕前の年俸総額は30球団中18位の9048万1500ドル(約98億9000万円)。これはドジャースやヤンキースの半分以下だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る