日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロイヤルズ地区S進出 弱小チーム甦らせた巧みなチーム運営

 長引く低迷から一時はア・リーグのお荷物とまでいわれた青木宣親(32)所属のロイヤルズが、久々に日の目を見た。

 9月30日(日本時間10月1日)、アスレチックスとのア・リーグのワイルドカードゲームを戦い、延長12回にもつれ込む死闘の末9―8でサヨナラ勝ち。ワールドチャンピオンになった85年以来、29年ぶりのポストシーズン進出を果たしたからだ。

 サイ・ヤング賞右腕ブレット・セイバーヘイゲン、主砲ジョージ・ブレットらを擁して85年に世界一を達成して以降は長期低迷。04年からは3年連続でシーズン100敗を記録するなど、長らくポストシーズンから遠ざかった。08年には日本ハムを日本一に導いたトレイ・ヒルマンが監督に就任したものの、再建できずに10年のシーズン途中に解任された。

 開幕前の年俸総額は30球団中18位の9048万1500ドル(約98億9000万円)。これはドジャースやヤンキースの半分以下だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事