弱小ロイヤルズをWSへ導いたヨスト監督の“選手操縦術”

公開日: 更新日:

 今季の最優秀監督の有力候補に挙がっているのがロイヤルズのネッド・ヨスト監督(59)だ。

 成績不振を理由に解任されたトレイ・ヒルマン(元日本ハム監督)に代わって10年5月に就任。弱小球団を29年ぶりのワールドシリーズに導いた。

 90年代にブレーブスの黄金時代を築いたボビー・コックス前監督のもと、三塁ベース、ベンチコーチを歴任(91~02年)。選手を身内のように扱った名将とは対照的に、選手とは距離を置くタイプだ。監督室のドアをオープンにする指揮官が多い中、監督室のドアは閉じたまま。必要以上にコミュニケーションを取らないのは選手を信頼、大人扱いしているためだ。「プロの選手にあれこれ練習法などを指図するのは失礼」というのが持論だという。

■選手を辛抱強く使う頑固な面も

 選手を守るために、時には自らメディアの批判の矢面に立つ。今季序盤にマイク・ムスタカス内野手(26)が20打数無安打と絶不調に陥ると、地元メディアがこぞって「スタメンから外すべき」と痛烈に批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る