日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子はチャンス シンクロ混合国内選考会はわずか5人だった

 これまで女子のみに限定されていた水泳のシンクロ競技が男子にも門戸が開かれた。国際水泳連盟(FINA)が今夏の世界選手権(ロシア・カザン)で、男女混合の「ミックス・デュエット」を実施するのだ。

 そこで日本水泳連盟(水連)は昨15日、世界選手権への派遣メンバーを決める選考会を行い、男子5人、女子2人の計7選手が参加。男子は安部篤史(32=トゥリトネス水泳部)が77.167点、女子はロンドン五輪代表の足立夢実(26=国士舘大職員)が86.500点で、それぞれトップに立った。17日の選考会議で正式に2人の代表入りが決まる。

 水連関係者によれば、欧州ではシンクロの男子選手が徐々に増えてきているものの、それでも本格的に取り組んでいる選手はやはり少ない。日本でも女子の競技というイメージが根強く、水連に競技者として登録されている男子は、今回の選考会に出場した5人だけだという。

 FINAは将来的には、五輪の正式種目採用を目指している。世界的にも男子の競技人口は少ないだけに、ちょっと泳ぎが得意な若者は、チャレンジしてみてはどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事