• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子はチャンス シンクロ混合国内選考会はわずか5人だった

 これまで女子のみに限定されていた水泳のシンクロ競技が男子にも門戸が開かれた。国際水泳連盟(FINA)が今夏の世界選手権(ロシア・カザン)で、男女混合の「ミックス・デュエット」を実施するのだ。

 そこで日本水泳連盟(水連)は昨15日、世界選手権への派遣メンバーを決める選考会を行い、男子5人、女子2人の計7選手が参加。男子は安部篤史(32=トゥリトネス水泳部)が77.167点、女子はロンドン五輪代表の足立夢実(26=国士舘大職員)が86.500点で、それぞれトップに立った。17日の選考会議で正式に2人の代表入りが決まる。

 水連関係者によれば、欧州ではシンクロの男子選手が徐々に増えてきているものの、それでも本格的に取り組んでいる選手はやはり少ない。日本でも女子の競技というイメージが根強く、水連に競技者として登録されている男子は、今回の選考会に出場した5人だけだという。

 FINAは将来的には、五輪の正式種目採用を目指している。世界的にも男子の競技人口は少ないだけに、ちょっと泳ぎが得意な若者は、チャレンジしてみてはどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る