シンクロでも暴行疑惑? 新体制発表前の奇妙なタイミング

公開日: 更新日:

 シンクロ日本代表で、コーチによる選手への暴行疑惑が浮上した。16日、日本水泳連盟の泉専務理事が明らかにした。

 昨年10月の合宿中に、「暴力事件があったようなので調査して欲しい」との投書があったという。

 内部調査の結果、当事者とされるコーチと選手は共に「そういう事実はない」と否定。それでも、水連は第三者による調査が必要と判断した。疑わしき行為があったということだろう。

 シンクロの日本代表は首脳陣の体制が決まっておらず、代表合宿には選手の所属クラブからの支援コーチを含む5人の指導者が参加していた。ちょうどこの日、今年9月に開幕する韓国・仁川アジア大会に向けた新体制が発表される予定だったが、延期になった。

「つい先日、元日本代表井村監督のコーチ復帰が取り沙汰されたばかり。井村さんはロス五輪から6大会連続で日本のメダル獲得に貢献した大功労者。アテネを最後に勇退し、中国代表を率いて、北京五輪では同国初のメダルをもたらした。ライバル国の指導者に転身した、実力も影響力もある井村さんの出戻りには賛否両論がある。その井村さんの復帰報道が出た矢先に、今回の暴力騒動です。投書はシンクロ関係者からのもの。シンクロ内部がドタバタしているのは間違いありません」(スポーツライター)

 水面下で戦っているのは選手だけではないということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る