ヤ軍田中将がフリー初登板 新球「ツーシーム」も仕上がり上々

公開日: 更新日:

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すヤンキースの2年目右腕が好調だ。

 今季はエース級の働きを求められている田中将大(26)が2日(日本時間3日)、キャンプ地フロリダ州タンパでフリー打撃に初登板。ガードナー、ヤングら主力野手を相手に25球を投げ、安打性の当たりはわずか1本。相手打者が振った7球のうち、2度の空振りに、1個の内野ゴロなど順調な仕上がりを披露した。

 昨年9月27日のレッドソックス戦以来となる打者相手のマウンドを終えた田中は「最初の段階としては良かった。今後、課題は出てくると思うが、制球がまとまっていて、なかなか良かった」と手応えを口にした。

 ロスチャイルド投手コーチとともに田中の投球を見守ったジラルディ監督は「投球内容はとても良かった。我々の期待通りに調整できていると思う」と及第点を与えた。当初「未定」としていたオープン戦登板については、「ブルペンでの投球練習かシート打撃に投げた後になるだろう」と早い時期に起用する方針を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る