ヤ軍田中将がフリー初登板 新球「ツーシーム」も仕上がり上々

公開日: 更新日:

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すヤンキースの2年目右腕が好調だ。

 今季はエース級の働きを求められている田中将大(26)が2日(日本時間3日)、キャンプ地フロリダ州タンパでフリー打撃に初登板。ガードナー、ヤングら主力野手を相手に25球を投げ、安打性の当たりはわずか1本。相手打者が振った7球のうち、2度の空振りに、1個の内野ゴロなど順調な仕上がりを披露した。

 昨年9月27日のレッドソックス戦以来となる打者相手のマウンドを終えた田中は「最初の段階としては良かった。今後、課題は出てくると思うが、制球がまとまっていて、なかなか良かった」と手応えを口にした。

 ロスチャイルド投手コーチとともに田中の投球を見守ったジラルディ監督は「投球内容はとても良かった。我々の期待通りに調整できていると思う」と及第点を与えた。当初「未定」としていたオープン戦登板については、「ブルペンでの投球練習かシート打撃に投げた後になるだろう」と早い時期に起用する方針を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る