黒田とイチロー去り マー君に「ヤ軍の重圧心配」と解説者懸念

公開日:  更新日:

 昨季以上に大きな壁が立ちはだかりそうだ。

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すメジャー2年目のヤンキース・田中将大(26)。ルーキーイヤーの昨季は首脳陣から起用法などで配慮され、サバシア(34)、黒田(39)の主力2人に次ぐ3番手の位置付けだったが、今季は絶対的なエース格だ。昨季終了後にジラルディ監督が期待する投手として真っ先に田中の名前を挙げ、「来季はローテーションを守り、(レギュラーシーズンの5分の1近い)32試合に先発して欲しい」と期待を込めて話したのは当然だろう。

「故障明けのため、開幕当初は球数、イニングを制限するなどの配慮はされるにせよ、肘の状態が万全であれば、当然、エースとしての働きを要求される。昨季は疲労を考慮されて中5日で登板したこともありましたが、今季はローテーション通りにマウンドに上がるはずです。エースである以上、どんなに不調でも試合をつくらなければならないし、仮に試合序盤に打ち込まれても降板するわけにはいかない。ジラルディ監督は田中に昨季以上の働きを計算するし、試合展開によっては球数が100球以上に達するのも珍しくないのではないか」(NHK大リーグ中継で解説を務める武田一浩氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る