日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒田とイチロー去り マー君に「ヤ軍の重圧心配」と解説者懸念

 昨季以上に大きな壁が立ちはだかりそうだ。

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すメジャー2年目のヤンキース・田中将大(26)。ルーキーイヤーの昨季は首脳陣から起用法などで配慮され、サバシア(34)、黒田(39)の主力2人に次ぐ3番手の位置付けだったが、今季は絶対的なエース格だ。昨季終了後にジラルディ監督が期待する投手として真っ先に田中の名前を挙げ、「来季はローテーションを守り、(レギュラーシーズンの5分の1近い)32試合に先発して欲しい」と期待を込めて話したのは当然だろう。

「故障明けのため、開幕当初は球数、イニングを制限するなどの配慮はされるにせよ、肘の状態が万全であれば、当然、エースとしての働きを要求される。昨季は疲労を考慮されて中5日で登板したこともありましたが、今季はローテーション通りにマウンドに上がるはずです。エースである以上、どんなに不調でも試合をつくらなければならないし、仮に試合序盤に打ち込まれても降板するわけにはいかない。ジラルディ監督は田中に昨季以上の働きを計算するし、試合展開によっては球数が100球以上に達するのも珍しくないのではないか」(NHK大リーグ中継で解説を務める武田一浩氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事