• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジーター引退の影響深刻 マー君は今季「勝ち星半減」も

「エースとか、何番手とかではなく、(自分が投げる試合は)いつも勝つと思っている。そのこと(肘)も含めて、順調にきています」

 ヤンキースの田中将大(26)が22日、古巣コボスタ宮城の室内練習場で自主トレを公開。ダッシュ、変化球を交えたキャッチボール、守備練習などで汗を流した後、報道陣にこう言った。

 メジャー1年目の昨季は右肘靭帯部分断裂で後半戦のほとんどを棒に振りながら13勝5敗。同僚だった黒田(現広島)の退団もあって、今季はエースとしての働きを求められるものの、「やることは変わらない」というのだ。

 しかし、やること自体は変わらなくても、置かれた状況によって結果は変わってくる。今季の田中にとって、何より影響が大きいのはヤンキースのキャプテンだったジーター遊撃手(40)の引退だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る