ヤ軍は戦力上積みなし 2年目マー君の「右肘」に大きな負荷が

公開日: 更新日:

「ローテーションの中でのリズムは自分の頭の中にあるので、それだけでも去年と比べてアドバンテージだと思う」――。

 去る10日、メジャー2シーズン目に向けて渡米したヤンキースの田中将大(26)は、自信たっぷりにこう話した。

 自主トレ中にブルペン入り。捕手を座らせ20球程度を投げ込んだそうで、「あとは強度を上げていくだけ。(調子は)上がってきている。やることはやれている」と順調な仕上がりを強調した。

 だが、リスクとは隣り合わせといえる。昨年7月、右肘靱帯部分断裂でPRP(多血小板血漿)療法を受けたものの、断裂箇所は完治していない。

 田中のように登板過多の投手は、球種の見直しや投球フォームの矯正が必要とされるが、このオフは一切、行っていないそうだ。去年と同じ投球フォームで球種に工夫がなければ、いつ再発してもおかしくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  10. 10

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る