日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤ軍は戦力上積みなし 2年目マー君の「右肘」に大きな負荷が

「ローテーションの中でのリズムは自分の頭の中にあるので、それだけでも去年と比べてアドバンテージだと思う」――。

 去る10日、メジャー2シーズン目に向けて渡米したヤンキースの田中将大(26)は、自信たっぷりにこう話した。

 自主トレ中にブルペン入り。捕手を座らせ20球程度を投げ込んだそうで、「あとは強度を上げていくだけ。(調子は)上がってきている。やることはやれている」と順調な仕上がりを強調した。

 だが、リスクとは隣り合わせといえる。昨年7月、右肘靱帯部分断裂でPRP(多血小板血漿)療法を受けたものの、断裂箇所は完治していない。

 田中のように登板過多の投手は、球種の見直しや投球フォームの矯正が必要とされるが、このオフは一切、行っていないそうだ。去年と同じ投球フォームで球種に工夫がなければ、いつ再発してもおかしくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事