ヤ軍は戦力上積みなし 2年目マー君の「右肘」に大きな負荷が

公開日:  更新日:

「ローテーションの中でのリズムは自分の頭の中にあるので、それだけでも去年と比べてアドバンテージだと思う」――。

 去る10日、メジャー2シーズン目に向けて渡米したヤンキースの田中将大(26)は、自信たっぷりにこう話した。

 自主トレ中にブルペン入り。捕手を座らせ20球程度を投げ込んだそうで、「あとは強度を上げていくだけ。(調子は)上がってきている。やることはやれている」と順調な仕上がりを強調した。

 だが、リスクとは隣り合わせといえる。昨年7月、右肘靱帯部分断裂でPRP(多血小板血漿)療法を受けたものの、断裂箇所は完治していない。

 田中のように登板過多の投手は、球種の見直しや投球フォームの矯正が必要とされるが、このオフは一切、行っていないそうだ。去年と同じ投球フォームで球種に工夫がなければ、いつ再発してもおかしくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る