マイアミでも初戦苦戦? 錦織の相手は“コート上の哲学者”

公開日: 更新日:

 男子テニス錦織圭(25=世界ランキング5位)のマイアミ・オープン(米フロリダ州)の2回戦の相手が同64位のミハイル・ユージニー(32、ロシア)に決まった。

 26日(日本時間27日)の1回戦でユージニーは同89位のアンドレイ・ゴルベフ(カザフスタン)に逆転勝ち。28日(同29日)に行われる2回戦に進出した。

 世界ランキングは08年の8位が最高。錦織とは13年にゲリー・ウェーバー・オープン(ドイツ)の2回戦で対戦し、2-1で下している。

 強力なバックハンドを武器とするパワータイプだが、コートを離れればインテリの一面を持つ。

 プロ転向6年目の05年、23歳でモスクワ大学の大学院に進み、哲学を専攻。ツアーに参戦の合間に研究論文などに取り組み、6年かけて哲学の博士号を取得した。パワフルなプレースタイルからは想像しにくいが、ロシアのファンの間では「コート上の哲学者」と呼ばれているそうだ。

 試合中に奇声を発して相手を精神的に揺さぶることにも長けているだけに、錦織は厄介な戦いを強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る