マイアミでも初戦苦戦? 錦織の相手は“コート上の哲学者”

公開日:  更新日:

 男子テニスの錦織圭(25=世界ランキング5位)のマイアミ・オープン(米フロリダ州)の2回戦の相手が同64位のミハイル・ユージニー(32、ロシア)に決まった。

 26日(日本時間27日)の1回戦でユージニーは同89位のアンドレイ・ゴルベフ(カザフスタン)に逆転勝ち。28日(同29日)に行われる2回戦に進出した。

 世界ランキングは08年の8位が最高。錦織とは13年にゲリー・ウェーバー・オープン(ドイツ)の2回戦で対戦し、2-1で下している。

 強力なバックハンドを武器とするパワータイプだが、コートを離れればインテリの一面を持つ。

 プロ転向6年目の05年、23歳でモスクワ大学の大学院に進み、哲学を専攻。ツアーに参戦の合間に研究論文などに取り組み、6年かけて哲学の博士号を取得した。パワフルなプレースタイルからは想像しにくいが、ロシアのファンの間では「コート上の哲学者」と呼ばれているそうだ。

 試合中に奇声を発して相手を精神的に揺さぶることにも長けているだけに、錦織は厄介な戦いを強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る