日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界4位・錦織 本当の試練は「クレー巧者」ひしめく4月以降

 2日に発表されたATP(男子プロテニス協会)の世界ランキングで4位にランクインした錦織圭(25)。今季はシーズン開幕から順調にポイントを重ねているおかげで、今では「トップ3入りも可能」といわれている。

 しかし、ランキングは上がるどころか、下がる可能性の方が高い。欧州のトップ選手たちが4月から状態を上げることが予想されるからだ。

 今後男子プロテニスツアーは、3月に米インディアン・ウェルズとマイアミ(ともにハードコート)という「マスターズ1000」2大会を経て、4月から主戦場を欧州に移す。優勝ポイントが高いマスターズ1000(優勝者に1000ポイント加算)は3つ。モンテカルロ、マドリード、ローマはすべてクレーコートだ。クレー巧者が大勢いる欧州勢は、この2試合で地の利を生かしながら着実にポイントを上積みし、5月末の全仏オープン(5月24日~6月7日)に照準を合わせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事