4回戦も左利きスペイン人 すでに錦織は“丸裸”にされている

公開日: 更新日:

 日本時間17日に行われたBNPパリバ・オープン3回戦で逆転勝利した錦織圭(25)。序盤は世界ランク31位の左打ち、ベルダスコ(31=スペイン)の角度あるサーブに苦しめられ第1セットを失いながらも、第2、第3セットは相手の動きを読みきっての快勝だった。が、今大会では初めてコマを進める4回戦の相手も不気味だ。

 というのも、相手のフィリシアーノ・ロペス(33=スペイン)はベルダスコと「旧知の仲」だからだ。

 ロペスはベルダスコより2歳年上で、同じスペイン出身。しかも左利きだ。幼少期からテニス仲間で、ベルダスコを弟のように可愛がっている。ダブルスでもペアを組んで優勝経験があり(04年10月のストックホルム・オープン)、現在もツアーで行動を共にすることが多い。食事やショッピングなども一緒に繰り出す間柄だ。対戦した選手の情報は常に共有し、各自の試合に生かしている。3回戦で錦織に敗れたベルダスコが試合で掴んだ攻略法をロペスに伝えていることは十分に考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る