4回戦も左利きスペイン人 すでに錦織は“丸裸”にされている

公開日: 更新日:

 日本時間17日に行われたBNPパリバ・オープン3回戦で逆転勝利した錦織圭(25)。序盤は世界ランク31位の左打ち、ベルダスコ(31=スペイン)の角度あるサーブに苦しめられ第1セットを失いながらも、第2、第3セットは相手の動きを読みきっての快勝だった。が、今大会では初めてコマを進める4回戦の相手も不気味だ。

 というのも、相手のフィリシアーノ・ロペス(33=スペイン)はベルダスコと「旧知の仲」だからだ。

 ロペスはベルダスコより2歳年上で、同じスペイン出身。しかも左利きだ。幼少期からテニス仲間で、ベルダスコを弟のように可愛がっている。ダブルスでもペアを組んで優勝経験があり(04年10月のストックホルム・オープン)、現在もツアーで行動を共にすることが多い。食事やショッピングなども一緒に繰り出す間柄だ。対戦した選手の情報は常に共有し、各自の試合に生かしている。3回戦で錦織に敗れたベルダスコが試合で掴んだ攻略法をロペスに伝えていることは十分に考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る