4回戦も左利きスペイン人 すでに錦織は“丸裸”にされている

公開日:  更新日:

 日本時間17日に行われたBNPパリバ・オープン3回戦で逆転勝利した錦織圭(25)。序盤は世界ランク31位の左打ち、ベルダスコ(31=スペイン)の角度あるサーブに苦しめられ第1セットを失いながらも、第2、第3セットは相手の動きを読みきっての快勝だった。が、今大会では初めてコマを進める4回戦の相手も不気味だ。

 というのも、相手のフィリシアーノ・ロペス(33=スペイン)はベルダスコと「旧知の仲」だからだ。

 ロペスはベルダスコより2歳年上で、同じスペイン出身。しかも左利きだ。幼少期からテニス仲間で、ベルダスコを弟のように可愛がっている。ダブルスでもペアを組んで優勝経験があり(04年10月のストックホルム・オープン)、現在もツアーで行動を共にすることが多い。食事やショッピングなども一緒に繰り出す間柄だ。対戦した選手の情報は常に共有し、各自の試合に生かしている。3回戦で錦織に敗れたベルダスコが試合で掴んだ攻略法をロペスに伝えていることは十分に考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る