4大大会優勝で電撃発表も…錦織圭 結婚へのカウントダウン

公開日:  更新日:

「今大会で優勝していたら電撃発表があったかもしれない」

 テレビ局関係者が、複雑な表情でこう言った。

 28日、全豪オープン準々決勝で世界ランク4位のワウリンカ(29=スイス)と対戦し、1セットも奪えず敗れた錦織圭(25)。昨年の全豪王者・ワウリンカを倒せば、悲願のグランドスラム制覇がグッと現実味を帯びると同時に、以前から交際している元新体操日本代表の坪井保菜美さん(25)と電撃結婚する可能性があったというのだ。

「昨年までは、錦織が出場する大会で家族と一緒に観戦する坪井さんの姿が目撃されていましたが、最近はめっきり姿を見なくなった。一時は世界を転戦する錦織とのすれ違いや、錦織の別の女性との密会報道もあったことから『別れた』という話があったものの、交際はしっかり続いています。昨年の全米オープンで準優勝して以降、錦織の注目が高まってきたため、彼女自身が錦織にコート外で負担をかけないよう、意図的に露出を控えて結婚に備えているともいわれています」(キー局のディレクター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る