ダル離脱で先発手薄なレンジャーズがカブス和田に触手

公開日:  更新日:

 エース右腕ダルビッシュ有(28)が右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術で今季絶望となったレンジャーズ。

 投手陣の力不足は明らかで、オープン戦30試合でのチーム防御率6.14は30球団ワースト。14人が務めた先発陣の防御率は7.24と、30球団で唯一の7点台(数字はいずれも31日終了時)。オープン戦は主力が調整し、若手やマイナー選手を試す場とはいえ、早くも先発陣は崩壊状態だ。

 今季のレンジャーズのローテーションはガヤルド(前ブルワーズ)、ホランド、ルイス、デトワイラー(前ナショナルズ)、マルティネスの5人。このうちホランドとデトワイラーの左腕2人は万全と言い難い。ダルに代わるエース格と期待されていたホランドは、キャンプ中に左肩の違和感を訴えて調整が大幅に遅れている。開幕には間に合う見込みでも、故障が多いタイプだけに戦列を離れるリスクがある。先発3番手のデトワイラーはナショナルズ時代の12年に先発で10勝(8敗)を挙げながら、腰痛などの故障もあって翌年から中継ぎ降格。先発は2年ぶりの復帰となり、ブランクが不安視される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る