ダル離脱で先発手薄なレンジャーズがカブス和田に触手

公開日:  更新日:

 エース右腕ダルビッシュ有(28)が右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術で今季絶望となったレンジャーズ。

 投手陣の力不足は明らかで、オープン戦30試合でのチーム防御率6.14は30球団ワースト。14人が務めた先発陣の防御率は7.24と、30球団で唯一の7点台(数字はいずれも31日終了時)。オープン戦は主力が調整し、若手やマイナー選手を試す場とはいえ、早くも先発陣は崩壊状態だ。

 今季のレンジャーズのローテーションはガヤルド(前ブルワーズ)、ホランド、ルイス、デトワイラー(前ナショナルズ)、マルティネスの5人。このうちホランドとデトワイラーの左腕2人は万全と言い難い。ダルに代わるエース格と期待されていたホランドは、キャンプ中に左肩の違和感を訴えて調整が大幅に遅れている。開幕には間に合う見込みでも、故障が多いタイプだけに戦列を離れるリスクがある。先発3番手のデトワイラーはナショナルズ時代の12年に先発で10勝(8敗)を挙げながら、腰痛などの故障もあって翌年から中継ぎ降格。先発は2年ぶりの復帰となり、ブランクが不安視される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る