ダル離脱で先発手薄なレンジャーズがカブス和田に触手

公開日: 更新日:

 エース右腕ダルビッシュ有(28)が右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術で今季絶望となったレンジャーズ。

 投手陣の力不足は明らかで、オープン戦30試合でのチーム防御率6.14は30球団ワースト。14人が務めた先発陣の防御率は7.24と、30球団で唯一の7点台(数字はいずれも31日終了時)。オープン戦は主力が調整し、若手やマイナー選手を試す場とはいえ、早くも先発陣は崩壊状態だ。

 今季のレンジャーズのローテーションはガヤルド(前ブルワーズ)、ホランド、ルイス、デトワイラー(前ナショナルズ)、マルティネスの5人。このうちホランドとデトワイラーの左腕2人は万全と言い難い。ダルに代わるエース格と期待されていたホランドは、キャンプ中に左肩の違和感を訴えて調整が大幅に遅れている。開幕には間に合う見込みでも、故障が多いタイプだけに戦列を離れるリスクがある。先発3番手のデトワイラーはナショナルズ時代の12年に先発で10勝(8敗)を挙げながら、腰痛などの故障もあって翌年から中継ぎ降格。先発は2年ぶりの復帰となり、ブランクが不安視される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  9. 9

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

  10. 10

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る