ダル手術から1週間 復帰を左右する「初期リハビリ」の重要度

公開日: 更新日:

 右肘の靱帯損傷で17日(現地時間)にトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)。24日で手術から1週間がたつ。早ければ患部を固定するギプスが外れ、リハビリメニューに肩関節や肩甲骨の可動域を広げる運動が始まる時期だ。

 リハビリは初期段階とはいえ、この時期のメニューをおろそかにすると復帰時期が大幅にずれ込むことにもなりかねない。肩関節や肩甲骨の可動域が広がれば、肘への負担が減り、ボールを握るようになった後の回復具合にも影響するからだ。

 実際、過去にも手術直後のリハビリが不調で復帰が遅れた投手は少なくない。10年に右肘にメスを入れたレッドソックス・田沢は、術後の患部の痛みが激しかったこともあり、思うようにリハビリが進まなかったのだろう。通常通り、術後の24週目にキャッチボールを再開したが、肘に痛みが生じた。ほぼ同時期に手術を受けた同僚投手が力を入れてキャッチボールする横で、しばらくは山なりでしか投げられなかったそうだ。田沢は結局、メジャー復帰までに1年5カ月を要した。

 ダルを執刀したのは田沢の担当医でもあるジェームズ・アンドリューズ氏。手術法は変わらないだけに、ダルもリハビリで手を抜けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る