ダル手術から1週間 復帰を左右する「初期リハビリ」の重要度

公開日:  更新日:

 右肘の靱帯損傷で17日(現地時間)にトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)。24日で手術から1週間がたつ。早ければ患部を固定するギプスが外れ、リハビリメニューに肩関節や肩甲骨の可動域を広げる運動が始まる時期だ。

 リハビリは初期段階とはいえ、この時期のメニューをおろそかにすると復帰時期が大幅にずれ込むことにもなりかねない。肩関節や肩甲骨の可動域が広がれば、肘への負担が減り、ボールを握るようになった後の回復具合にも影響するからだ。

 実際、過去にも手術直後のリハビリが不調で復帰が遅れた投手は少なくない。10年に右肘にメスを入れたレッドソックス・田沢は、術後の患部の痛みが激しかったこともあり、思うようにリハビリが進まなかったのだろう。通常通り、術後の24週目にキャッチボールを再開したが、肘に痛みが生じた。ほぼ同時期に手術を受けた同僚投手が力を入れてキャッチボールする横で、しばらくは山なりでしか投げられなかったそうだ。田沢は結局、メジャー復帰までに1年5カ月を要した。

 ダルを執刀したのは田沢の担当医でもあるジェームズ・アンドリューズ氏。手術法は変わらないだけに、ダルもリハビリで手を抜けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る