• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル手術から1週間 復帰を左右する「初期リハビリ」の重要度

 右肘の靱帯損傷で17日(現地時間)にトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)。24日で手術から1週間がたつ。早ければ患部を固定するギプスが外れ、リハビリメニューに肩関節や肩甲骨の可動域を広げる運動が始まる時期だ。

 リハビリは初期段階とはいえ、この時期のメニューをおろそかにすると復帰時期が大幅にずれ込むことにもなりかねない。肩関節や肩甲骨の可動域が広がれば、肘への負担が減り、ボールを握るようになった後の回復具合にも影響するからだ。

 実際、過去にも手術直後のリハビリが不調で復帰が遅れた投手は少なくない。10年に右肘にメスを入れたレッドソックス・田沢は、術後の患部の痛みが激しかったこともあり、思うようにリハビリが進まなかったのだろう。通常通り、術後の24週目にキャッチボールを再開したが、肘に痛みが生じた。ほぼ同時期に手術を受けた同僚投手が力を入れてキャッチボールする横で、しばらくは山なりでしか投げられなかったそうだ。田沢は結局、メジャー復帰までに1年5カ月を要した。

 ダルを執刀したのは田沢の担当医でもあるジェームズ・アンドリューズ氏。手術法は変わらないだけに、ダルもリハビリで手を抜けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る