ダルの執刀医もこれだけある 「トミー・ジョン手術」の失敗例

公開日:  更新日:

 今月17日にダルビッシュ(28)が右ヒジのトミー・ジョン手術(ヒジの側副靱帯再建手術。以下TJ手術)を受けたが、この手術は失敗に終わるケースも10~15%くらいある。エース級、クローザー級の投手も例外ではない。

■大塚晶則
 レンジャーズ在籍中の07年夏にヒジを痛め、その後、靱帯の部分断裂と診断され、08年1月にLAでルイス・ヨーカム医師の執刀で手術を受けた。しかし投球練習再開後、ヒジに痛みが出て復帰できず10年1月に再度、同医師の執刀でTJ手術を受けた。だが、これも成功せず再び米国のマウンドに立つことはなかった。

■クリス・メドレン
 ブレーブス在籍中の10年8月にヒジを痛めてダルビッシュと同じジェームズ・アンドリュース医師の執刀でTJ手術を受け、11年9月に復帰。13年には15勝してエースにのし上がった。しかし翌14年春のキャンプで再度、ヒジの腱を断裂。アンドリュース医師の執刀で2度目の手術を受けた。その後、ブレーブスを退団。今季はロイヤルズと契約したが、復帰のめどは立っていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る