<第8回>母・加代子さんがが明かす父・徹氏の素顔

公開日:  更新日:

 そのときは売り言葉に買い言葉のような感じだったのかもしれない。

 社会人6年目の都市対抗の予選で敗れ、来季は自分がキャプテンをやって若手を引っ張ろう。大谷の父・徹(52)がそう考えていた矢先に、監督から「来季は戦力として考えていない」と告げられた。

 せっかくその気になったところで出はなをくじかれた。というか、いきなり冷や水を浴びせられた瞬間の気持ちは理解できる。

 そうかよ、そっちがそういうつもりなら、わかったよ。辞めてやろうじゃないかと、頭に血が上ったのはある意味、無理もない。

「当時(大谷の母・加代子とは)付き合っていたので、相談もしたんですけど……」

 こう振り返る徹に代わって、加代子が笑いながら言う。


「わたしに電話をしてきたときは、もう、辞めると言ったと。結構、短気なんですよね(笑い)。じゃ、わかった、使う気がないなら、おれはもう辞めるという感じで、たぶん答えたんですよ。そんなんでホントに辞めちゃっていいの? 後で後悔するよ、と散々、言ったんですけど、使わない、って言うんだからと。わかりましたと言ったきり。それっきり、辞めると。短気なところがあって、そのときはそうなっちゃう。後からやっぱりな、だから言ったじゃない、ってなるんです(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る