<第8回>母・加代子さんがが明かす父・徹氏の素顔

公開日: 更新日:

 そのときは売り言葉に買い言葉のような感じだったのかもしれない。

 社会人6年目の都市対抗の予選で敗れ、来季は自分がキャプテンをやって若手を引っ張ろう。大谷の父・徹(52)がそう考えていた矢先に、監督から「来季は戦力として考えていない」と告げられた。

 せっかくその気になったところで出はなをくじかれた。というか、いきなり冷や水を浴びせられた瞬間の気持ちは理解できる。

 そうかよ、そっちがそういうつもりなら、わかったよ。辞めてやろうじゃないかと、頭に血が上ったのはある意味、無理もない。

「当時(大谷の母・加代子とは)付き合っていたので、相談もしたんですけど……」

 こう振り返る徹に代わって、加代子が笑いながら言う。


「わたしに電話をしてきたときは、もう、辞めると言ったと。結構、短気なんですよね(笑い)。じゃ、わかった、使う気がないなら、おれはもう辞めるという感じで、たぶん答えたんですよ。そんなんでホントに辞めちゃっていいの? 後で後悔するよ、と散々、言ったんですけど、使わない、って言うんだからと。わかりましたと言ったきり。それっきり、辞めると。短気なところがあって、そのときはそうなっちゃう。後からやっぱりな、だから言ったじゃない、ってなるんです(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る