<第6回>ある日突然同期に足で負けた父・徹氏は愕然とした

公開日: 更新日:

 三菱重工横浜野球部には、大谷の父・徹(52)も含めて高校出の同期が4人いた。

 そのうちのひとり栃木工業高から来た外野手の飯塚富司は「ゆくゆくはプロに行く」と、部員のだれもがその実力を認めていた。社会人3年目、83年のドラフトで阪急(現オリックス)に3位指名され、プロ入り。阪急、オリックス、横浜で計13年間プレー、現在はプロ野球の審判をしている。

 もうひとりは85年のドラフト2位で阪神に入団する中野佐資。村山実監督時代、和田豊(現阪神監督)、大野久とともに「少年隊」と呼ばれた外野手だ。

 中野は国学院栃木から左腕投手として入ったものの、入社1年目に肩を壊して外野手に転向。「こっち(岩手)でほとんど練習せずに行って、いきなり肩を壊してしまった」という徹同様、1年目はランニング主体のメニューをこなしていた。当時を振り返って徹が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る