<第10回>父・徹氏は往復3時間かけて昼夜2交代勤務に残業までやった

公開日:  更新日:

 大谷の父・徹(52)の新たな職場は自動車のボディーメーカー。車体を造る過程のラインに携わる仕事だ。徹がいまも勤務する会社の工場が横須賀にあった。ただでさえ不慣れな仕事のうえ、勤務は完全な昼夜2交代制。昼は午前8時から午後5時。夜は午後9時から翌朝の午前6時まで。そこから残業が1時間ないし2時間あった。

 住まいは横浜市旭区の3DKのアパート。大谷の母・加代子(51)の実家から徒歩2~3分の距離にあった。

「岩手に行くのが前提でしたし、小さい龍太がいて、次の子も……なんて考えると、少しでも実家に近い方がいいと。お父さんは大変だったと思いますけど……」と加代子は話す。

 勤務地は横須賀の追浜だった。駅から歩いて20~30分の距離を、市営バスで通った。工場まで片道1時間半、往復3時間の道のり。昼勤務のときは毎朝、6時前にアパートを出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る