<第11回>手弁当で夏はピクニック、冬はそり遊び

公開日:  更新日:

 家族4人で岩手に越してきた93年7月、大谷の兄・龍太(27)は5歳、姉・結香(22)は1歳になる前。大谷が生まれるのは1年後になる。

 龍太は半年だけ幼稚園の年長組に通った後、小学校へ。遊びたい盛りだったし、小学校に通うようになってからは、しきりに小学校単位のスポーツ少年団で野球をやりたがった。

 しかし、入ったのはスポーツ少年団より規模の小さい、地域の子供会単位のチームだった。大谷の母・加代子(51)が当時を振り返ってこう言った。

「年に1回、大会があるような……ちょっと野球をかじったというくらいです。本人は少年団でやりたいと言っていたのですが、少年団は小学校単位でしたから。そのころには家を建てる計画もあって、小学校が替わると少年団も替わることになります。なので、もうちょっと待ってて、待っててと。本格的に野球を始めたのは5年生になってからです。おにいちゃんは本当にかわいそうでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る