「かなり有力」と森会長肩入れで野球・ソフト関係者“大迷惑”

公開日: 更新日:

 トップの発言が足を引っ張りかねない。

 3日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は都内で行われた内外情勢調査会で講演。開催都市が国際オリンピック委員会(IOC)に提案する五輪の追加種目について「日本で切符が売れて、多くのファンがあることを考えないといけない。そういう意味では、『野球・ソフト(ボール)』がかなり有力だろう」との持論を展開した。

「野球・ソフトボール」の1次リーグを地方で開催する案も披露し「競技はできるだけ(東京以外にも)広げて、オールジャパン体制でやっていきたい」と特定の競技を後押しするかのような発言を繰り返したのだ。

 追加種目の選定に関してIOCのジョン・コーツ調整委員長は組織委に対して「透明性と公平性」を強く求めている。森会長による「野球・ソフトボール」への肩入れは“失点”となる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る