「かなり有力」と森会長肩入れで野球・ソフト関係者“大迷惑”

公開日:  更新日:

 トップの発言が足を引っ張りかねない。

 3日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は都内で行われた内外情勢調査会で講演。開催都市が国際オリンピック委員会(IOC)に提案する五輪の追加種目について「日本で切符が売れて、多くのファンがあることを考えないといけない。そういう意味では、『野球・ソフト(ボール)』がかなり有力だろう」との持論を展開した。

「野球・ソフトボール」の1次リーグを地方で開催する案も披露し「競技はできるだけ(東京以外にも)広げて、オールジャパン体制でやっていきたい」と特定の競技を後押しするかのような発言を繰り返したのだ。

 追加種目の選定に関してIOCのジョン・コーツ調整委員長は組織委に対して「透明性と公平性」を強く求めている。森会長による「野球・ソフトボール」への肩入れは“失点”となる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る