「かなり有力」と森会長肩入れで野球・ソフト関係者“大迷惑”

公開日: 更新日:

 トップの発言が足を引っ張りかねない。

 3日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は都内で行われた内外情勢調査会で講演。開催都市が国際オリンピック委員会(IOC)に提案する五輪の追加種目について「日本で切符が売れて、多くのファンがあることを考えないといけない。そういう意味では、『野球・ソフト(ボール)』がかなり有力だろう」との持論を展開した。

「野球・ソフトボール」の1次リーグを地方で開催する案も披露し「競技はできるだけ(東京以外にも)広げて、オールジャパン体制でやっていきたい」と特定の競技を後押しするかのような発言を繰り返したのだ。

 追加種目の選定に関してIOCのジョン・コーツ調整委員長は組織委に対して「透明性と公平性」を強く求めている。森会長による「野球・ソフトボール」への肩入れは“失点”となる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  4. 4

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る