もう2000億円集まった東京五輪 協賛企業の“奮発”に疑問の声

公開日: 更新日:

「IOC(国際オリンピック委員会)によると、すごい速いペースだそうです。世界記録を更新するペースだということです」

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(77)が得意げにこう言い放った。

 20日、組織委は三井不動産とスポンサー最高位の「ゴールドパートナー」(以下GP)契約を結んだと発表。これでGP契約は通信企業や飲料メーカーなど計13社となった。GPの協賛金は1社当たり150億円といわれ、13社合計で1950億円が集まったことになる。最高位のGPだけで、スポンサー収入は08年北京五輪(1460億円)、14年ソチ五輪(1560億円)を抜いて史上最高額になる見通しだ。

 JOCの規定では、スポンサーは「1業種1社」が原則。すでに一通りの業種がスポンサーに名を連ねたことから森会長は、「次の段階のスポンサー契約を進めたい」とし「金額はGP(の協賛金)より低いが、仲間に入れて欲しいという企業も多いと聞いている」と、2番目に位置する「オフィシャルパートナー」の獲得に意欲を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  9. 9

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

  10. 10

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る