• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪で商売をしてきた大新聞が「五輪重視」に釘さすあざとさ

 旗を振っているのは自分たちではないか。

 今年10月、スポーツに関する施策を総合的に推進するスポーツ庁が発足する。すでに初代長官の候補には、日本サッカー協会最高顧問の川淵三郎氏(78)や84年ロス五輪柔道無差別級金メダルの山下泰裕氏(57)らの名前がマスコミに取り沙汰されている。国際大会での経験が豊富な競技団体のトップなどもリストアップし、下村文科相が夏までに人選を行うようだ。

 スポーツ庁については、朝日と毎日がくしくも17日付の社説で意見を述べている。

 朝日は「五輪庁で終わらせるな」と題し、五輪の強化費ばかりに予算を使うのではなく、「障害者スポーツを含め幅広い国民がスポーツに親しめる環境づくりが理想の姿。バランスが大切だ」という。

 毎日は、「五輪後見据えた施策を」という見出しで、「誰もが楽しめるスポーツ環境の整備も重要で、トップスポーツを強化するためだけの組織にしてはならない……20年東京五輪はゴールではない。競技力の向上を図りつつ、五輪後を見据え、日本スポーツ界の土台を固めることが重要だ」と論じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る