日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3連勝で首位肉迫も…阪神はまたもや若手育成を“棚上げ”

 阪神は21日のヤクルト戦に逆転勝ちし、首位巨人が敗れたため0.5差に詰め寄った。

 とりわけ、6回2失点で今季5勝目を挙げた藤浪が開幕直後の不振から抜け出し、好調を維持している。きっかけは5月14日のヤクルト戦。ベテランの鶴岡(38)と今季初めてコンビを組み、1失点で完投勝利。以降、鶴岡とのコンビが定着し、6試合で4勝0敗、防御率1.33。多彩な変化球を生かした配球が奏功している。

 一方で、存在感が薄れているのが2年目捕手の梅野(24)だ。スタメンマスクをかぶったのは5月19日が最後。5月24日にプロ初の二軍降格を味わい、6月12日に一軍に再昇格するも、14日のオリックス戦以降、出場機会すらない。投手の立場からすれば、リード面で課題の多い若手捕手より、経験豊富なベテラン捕手が受けてくれた方が確かに安心かもしれない。実際、鶴岡、藤井(39)のベテランが主戦になってからの阪神は15勝10敗。他球団がだらしないとはいえ、首位巨人のシッポを掴んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事