• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

星野仙一氏や元球団社長も嘆く「阪神スカウト」の“無能”ぶり

 ある球団が阪神からトレードを申し込まれたときの話だ。要求された選手が余剰人員だったため、商談はすぐさま交換要員をだれにするかという点に発展した。その球団のフロントが阪神のファームの若手有望株を血眼になって探したものの、目ぼしい選手はひとりもいなかったそうだ。仕方なく、放出できる選手を阪神に聞いて、名前の挙がった3人の中の1人をもらうことにしてトレードは成立した。

 12年ドラフト2位の北條史也内野手(20)や14年ドラフト3位の江越大賀外野手(22)らは、指名リストからも除外した球団があるほど。そんな選手たちを阪神は上位で獲得する。阪神の指揮を執る前年まで中日にいた星野仙一元監督は「阪神は(中日なら)3位か4位で取る選手を1位指名する」と話していたという。

 阪神はそもそも、選手の仕入れ部門に問題があるようなのだ。01~04年、阪神の球団社長を務めた野崎勝義氏はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る