星野仙一氏や元球団社長も嘆く「阪神スカウト」の“無能”ぶり

公開日:  更新日:

 ある球団が阪神からトレードを申し込まれたときの話だ。要求された選手が余剰人員だったため、商談はすぐさま交換要員をだれにするかという点に発展した。その球団のフロントが阪神のファームの若手有望株を血眼になって探したものの、目ぼしい選手はひとりもいなかったそうだ。仕方なく、放出できる選手を阪神に聞いて、名前の挙がった3人の中の1人をもらうことにしてトレードは成立した。

 12年ドラフト2位の北條史也内野手(20)や14年ドラフト3位の江越大賀外野手(22)らは、指名リストからも除外した球団があるほど。そんな選手たちを阪神は上位で獲得する。阪神の指揮を執る前年まで中日にいた星野仙一元監督は「阪神は(中日なら)3位か4位で取る選手を1位指名する」と話していたという。

 阪神はそもそも、選手の仕入れ部門に問題があるようなのだ。01~04年、阪神の球団社長を務めた野崎勝義氏はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る