株主総会の“異変”で囁かれる「阪神監督・球団トップ」総退陣

公開日:  更新日:

 親会社に“異変”が見られた。

 16日、大阪市内で行われた阪急阪神ホールディングス(HD)の株主総会。子会社の阪神が総会時点で借金3の3位と波に乗れないこともあり、株主からは「(球団)創立80周年ですが、全然ダメ。お客さんも入っていない。来シーズンは岡田(彰布)さんを監督にしたらどうか」と、岡田元監督の再登板を求める意見が出た。他の株主からは13年ドラフトで大阪桐蔭高の森友哉(現西武)を指名しなかったことについて「阪神の補強はおそらく中村GMが判断されていると思うが、立ち位置はどうか」とフロントの責任の所在を問う声も聞かれた。

 そんな株主の意見に回答したのは、田中計久球団取締役(59)。同取締役は岡田再登板について、「今の時点では首位と2・5差で背中も近い。トータルで80試合ある。現時点で監督うんぬんは考えておりません」と語ったが、昨年までの回答役は南信男球団社長(60)だった。その南社長は昨年、阪急阪神HDの取締役を退任。フロントトップとしては今も権勢を振るっているものの、それも時間の問題、という声も聞かれ始めたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る