「総力戦」宣言も…阪神和田監督に若手抜擢の気配まるでなし

公開日:  更新日:

「ベンチの25人で総力戦を」

 阪神の和田監督は後半戦開幕を前にこう言っていたが、20日の巨人戦は0-2で完敗。セの混戦を勝ち抜くには和田監督の言うように、総力戦で戦っていくしかない。

 阪神はベテラン、助っ人が中心のチーム。野手でレギュラーと呼べるのは鳥谷、福留、ゴメス、マートンくらい。その福留も38歳で休みを挟みながらの起用が必要だし、マートンも調子の波が大きい。期待の上本、今成、大和らはいくら復調を待っても調子が上がらず、控え選手を含めても巨人と比べて選手層は薄いといわざるをえない。

 これを補うには若手の台頭が必要不可欠。野手の体たらくを見れば、二軍から抜擢するチャンスともいえる。掛布DCも先日、「和田監督は『一年間戦う体力』と言っている。そのためには若手による底上げが必要」と、キーマンに北條、中谷、江越らを挙げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る