「総力戦」宣言も…阪神和田監督に若手抜擢の気配まるでなし

公開日:  更新日:

「ベンチの25人で総力戦を」

 阪神の和田監督は後半戦開幕を前にこう言っていたが、20日の巨人戦は0-2で完敗。セの混戦を勝ち抜くには和田監督の言うように、総力戦で戦っていくしかない。

 阪神はベテラン、助っ人が中心のチーム。野手でレギュラーと呼べるのは鳥谷、福留、ゴメス、マートンくらい。その福留も38歳で休みを挟みながらの起用が必要だし、マートンも調子の波が大きい。期待の上本、今成、大和らはいくら復調を待っても調子が上がらず、控え選手を含めても巨人と比べて選手層は薄いといわざるをえない。

 これを補うには若手の台頭が必要不可欠。野手の体たらくを見れば、二軍から抜擢するチャンスともいえる。掛布DCも先日、「和田監督は『一年間戦う体力』と言っている。そのためには若手による底上げが必要」と、キーマンに北條、中谷、江越らを挙げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る