弱点あるのに…阪神が巨人ポレダ&マイコラスを崩せない理由

公開日:  更新日:

 巨人の助っ人左腕、アーロン・ポレダ(28)がまたまた虎狩りだ。10日の阪神との首位攻防戦初戦に先発。6回4安打5奪三振1失点で5月22日の中日戦以来の6勝目を挙げた。阪神戦は4戦全勝の虎キラーである。

 11日の2戦目に先発するマイルズ・マイコラス(26)も阪神には1試合で防御率1.29。6月に2完封を含むリーグ最多タイの3勝。月間MVPに選出されるなど調子を上げている。評論家の山崎裕之氏がこう言う。

「2人の外国人投手にはスキがある。それでも阪神はポレダに4連敗。オーソドックスにやっても打てないのですから、リズムを崩す方法を考えないと。外国人投手特有の傾向ですが、右腕のマイコラスは投球後に一塁側へ、左腕のポレダは三塁側へ倒れる。ポレダの空いた一塁側やセカンド方向にセーフティーバントをやってみるとか。成功しなくてもファールでもいいんです。外国人投手はそれだけでリズムを崩すことがある。阪神は機動力がないから、そういうことができる選手が少ないかもしれませんが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る