日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

弱点あるのに…阪神が巨人ポレダ&マイコラスを崩せない理由

 巨人の助っ人左腕、アーロン・ポレダ(28)がまたまた虎狩りだ。10日の阪神との首位攻防戦初戦に先発。6回4安打5奪三振1失点で5月22日の中日戦以来の6勝目を挙げた。阪神戦は4戦全勝の虎キラーである。

 11日の2戦目に先発するマイルズ・マイコラス(26)も阪神には1試合で防御率1.29。6月に2完封を含むリーグ最多タイの3勝。月間MVPに選出されるなど調子を上げている。評論家の山崎裕之氏がこう言う。

「2人の外国人投手にはスキがある。それでも阪神はポレダに4連敗。オーソドックスにやっても打てないのですから、リズムを崩す方法を考えないと。外国人投手特有の傾向ですが、右腕のマイコラスは投球後に一塁側へ、左腕のポレダは三塁側へ倒れる。ポレダの空いた一塁側やセカンド方向にセーフティーバントをやってみるとか。成功しなくてもファールでもいいんです。外国人投手はそれだけでリズムを崩すことがある。阪神は機動力がないから、そういうことができる選手が少ないかもしれませんが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事