阪神“混セ”脱出のカギ握る大和 OBから「2番に固定を」の声

公開日:  更新日:

「今の打順を固定して戦い続けて欲しい」

 こう言うのは、阪神OBの評論家・福間納氏だ。

 5日のDeNA戦に快勝し、首位をキープした阪神の和田監督は、28日に不振の鳥谷を1番から下位に降格させると、上本、大和を新1・2番コンビで起用している。前出の福間氏が言う。

「大和はもともと精神的に強い方ではなく、2番での起用が少なかった。結果が出ないと『大和を外すべき』とか、『鳥谷を1番に戻すべき』との声が出てくるだろうが、我慢強く起用し続けることで大和の重圧も軽くなるはず。現に少しずつ調子を上げてきている。今季は全体的に打線の調子が上がらず打順もスタメンも流動的で、地に足をつけて戦えていなかった。メンバーを固定できたチームが混セを抜け出すだろう。和田監督は周囲の意見にとらわれず、勇気を持ってこの打順を完成させてほしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る