9敗目の能見を見切れない阪神 停滞招く“能力より人気”優先

公開日:  更新日:

 ある球団の編成担当者が、阪神とトレード交渉をしたときの話だ。交換要員にとある選手が欲しいと伝えると、「この子は人気があるからダメや」という返事が返ってきたそうだ。

 人気のあるなしでいうなら、昨8日の中日戦に先発した能見(36)も阪神にとって、人気選手のひとりだろう。昨年は9勝13敗、防御率3.99。大きく成績が落ち込んだにもかかわらず、オフに3年契約を結んだ。

 今季年俸は1億4000万円。だが、昨夜で9敗目(5勝)を喫し、とてもじゃないが年俸に見合うだけの活躍をしているとは思えない。それでも阪神は、3年契約の最中に能見に見切りをつけることはしないはずだ。

「中盤の勝負どころになると、必ずといっていいくらいボールが上ずって痛打される。この傾向は社会人の大阪ガス時代から変わってない」とは某球団のスカウトだが、いまさら阪神のドラフト下手を指摘するつもりはサラサラない。問題なのは明らかに力の落ちている選手の能力を、的確に把握していない点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る