9敗目の能見を見切れない阪神 停滞招く“能力より人気”優先

公開日: 更新日:

 ある球団の編成担当者が、阪神とトレード交渉をしたときの話だ。交換要員にとある選手が欲しいと伝えると、「この子は人気があるからダメや」という返事が返ってきたそうだ。

 人気のあるなしでいうなら、昨8日の中日戦に先発した能見(36)も阪神にとって、人気選手のひとりだろう。昨年は9勝13敗、防御率3.99。大きく成績が落ち込んだにもかかわらず、オフに3年契約を結んだ。

 今季年俸は1億4000万円。だが、昨夜で9敗目(5勝)を喫し、とてもじゃないが年俸に見合うだけの活躍をしているとは思えない。それでも阪神は、3年契約の最中に能見に見切りをつけることはしないはずだ。

「中盤の勝負どころになると、必ずといっていいくらいボールが上ずって痛打される。この傾向は社会人の大阪ガス時代から変わってない」とは某球団のスカウトだが、いまさら阪神のドラフト下手を指摘するつもりはサラサラない。問題なのは明らかに力の落ちている選手の能力を、的確に把握していない点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る