マーリンズ主砲今季絶望も イチローに「安打量産」の絶好機会

公開日:  更新日:

 ベテラン外野手に願ってもないチャンスが巡ってきた。今季は「4人目の外野手」のマーリンズ・イチロー(41)がレギュラーシーズン終了まで右翼に定着しそうだからだ。

 ここにきて、死球を受けて左手を骨折した主砲で正右翼手のスタントンの回復が大幅に遅れていることが判明。複数の米メディアによれば、すでにスタントンは打撃練習を再開しているものの、患部の痛みは引かず、本来のスイングからは程遠い状態だという。当初は全治4~6週間と診断され、8月上旬には戦列に復帰するとみられていたが、依然として先行きは不透明だ。

 マーリンズは首位ナショナルズとは12ゲーム差でナ・リーグ東地区4位。開幕から低迷するフィリーズとともに最下位を争っている(2日終了時)。スタントンと昨年11月に北米プロスポーツ史上最高額となる13年総額3億2500万ドル(約390億円)で契約。すでにチームのポストシーズン進出が絶望的なだけに、高給取りを無理に働かせて患部を悪化させては元も子もない。スタントンに今季の残り試合を全休させる可能性は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る