ロッテ・デスパイネの“不敗神話”がソフトバンクを止めた

公開日:  更新日:

 8連勝中で、マジック「36」が点灯していたソフトバンクを止めたのは、ロッテ・デスパイネの一振りだった。

 7日、2点を追う八回無死二、三塁で打席に立つと、ソフトバンクのセットアッパー・五十嵐のカーブを豪快に振り抜き、バックスクリーンに14号3ランを叩き込んだ。

 ソフトバンクは後半戦に入ってから無類の強さを発揮し、試合前まで12勝1敗。一方、ロッテは14年9月23日からデスパイネが一発を打つと14連勝中という「不敗神話」が続いていた。この日は、その神話がソフトバンクの連勝を止めた格好。

 試合後のデスパイネは「あの場面は強い打撃を心がけた。打った瞬間は(スタンドに入るか)どうかと思ったけれど、今日のホームランは日本に来て一番うれしいホームラン」と上機嫌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る