49試合で38勝必要も ソフトB「史上初100勝」に現実味の根拠

公開日:  更新日:

「まさか?」という数字ではない。

 首位ソフトバンクは2位日本ハムに3タテを食らわせ8連勝。ゲーム差を11.5に広げ、優勝マジックを36とした。これでソフトバンクは94試合を消化して62勝29敗3分け。90勝超も見えてきたが、プロ野球の歴史を紐解けば、1955年の南海(現ソフトバンク)が143試合で99勝41敗3分け(勝率.707)という成績を残している。

 この年のパは8球団で争われ、優勝した南海は、防御率2.61(リーグ2位)、606得点(同2位)、90本塁打(同2位)、打率.249(同5位)、245盗塁(同1位)。2位西鉄(現西武)に9ゲームの大差をつけながら、日本シリーズでは水原監督の巨人に3勝4敗で負けた。ちなみに巨人はこの年、130試合で92勝37敗1分け。2位中日とは15ゲーム差だった。


 ソフトバンクに話を戻せば、現在は、防御率(2.93)と打率(.270)、得点(432)はリーグトップ。ソフトバンクは残り49試合だが、プロ野球史上初の100勝到達は可能か。評論家の高橋善正氏はこう予想する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る