49試合で38勝必要も ソフトB「史上初100勝」に現実味の根拠

公開日:  更新日:

「まさか?」という数字ではない。

 首位ソフトバンクは2位日本ハムに3タテを食らわせ8連勝。ゲーム差を11.5に広げ、優勝マジックを36とした。これでソフトバンクは94試合を消化して62勝29敗3分け。90勝超も見えてきたが、プロ野球の歴史を紐解けば、1955年の南海(現ソフトバンク)が143試合で99勝41敗3分け(勝率.707)という成績を残している。

 この年のパは8球団で争われ、優勝した南海は、防御率2.61(リーグ2位)、606得点(同2位)、90本塁打(同2位)、打率.249(同5位)、245盗塁(同1位)。2位西鉄(現西武)に9ゲームの大差をつけながら、日本シリーズでは水原監督の巨人に3勝4敗で負けた。ちなみに巨人はこの年、130試合で92勝37敗1分け。2位中日とは15ゲーム差だった。


 ソフトバンクに話を戻せば、現在は、防御率(2.93)と打率(.270)、得点(432)はリーグトップ。ソフトバンクは残り49試合だが、プロ野球史上初の100勝到達は可能か。評論家の高橋善正氏はこう予想する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る