「みんな憧れ持ってる」 デスパイネがメジャーへの興味明かす

公開日: 更新日:

 来日1年目の昨年、7月末の途中加入ながら45試合で12本塁打と持ち前のパワーを存分に発揮した。帰国後にキューバの国内リーグに参加し、MVPを獲得。現地でのシーズンが終わってすぐの今月11日に来日し、ロッテでの日本球界2年目をスタートさせたキューバのスラッガーに聞いた。

――それにしてもハードスケジュールですね。昨年の日本でのシーズンを終えてすぐにキューバ国内リーグに参加して、現地でのシーズンが終わってまたすぐに日本で野球をやる。さすがに疲れはありませんか?

「今のところはないよ。ロッテに入って2年目、準備の仕方もわかっているから余計なことを考えなくてもいいしね。昨年は実戦から少し離れていた段階で来日したので、(日本の野球に)順応するのに少し苦労したけれど、今年は逆にキューバリーグで戦ってすぐの来日。体は出来上がっているから何も心配しなくていいよ(笑い)。休みたいんじゃないかって? そういう気持ちはない。これがボクの仕事だし、野球が好きだから。確かに長期休養がないのは事実だけど、日本、キューバ両国のチームが僕を必要としてくれることは名誉でありうれしいことでもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る