「みんな憧れ持ってる」 デスパイネがメジャーへの興味明かす

公開日:  更新日:

 来日1年目の昨年、7月末の途中加入ながら45試合で12本塁打と持ち前のパワーを存分に発揮した。帰国後にキューバの国内リーグに参加し、MVPを獲得。現地でのシーズンが終わってすぐの今月11日に来日し、ロッテでの日本球界2年目をスタートさせたキューバのスラッガーに聞いた。

――それにしてもハードスケジュールですね。昨年の日本でのシーズンを終えてすぐにキューバ国内リーグに参加して、現地でのシーズンが終わってまたすぐに日本で野球をやる。さすがに疲れはありませんか?

「今のところはないよ。ロッテに入って2年目、準備の仕方もわかっているから余計なことを考えなくてもいいしね。昨年は実戦から少し離れていた段階で来日したので、(日本の野球に)順応するのに少し苦労したけれど、今年は逆にキューバリーグで戦ってすぐの来日。体は出来上がっているから何も心配しなくていいよ(笑い)。休みたいんじゃないかって? そういう気持ちはない。これがボクの仕事だし、野球が好きだから。確かに長期休養がないのは事実だけど、日本、キューバ両国のチームが僕を必要としてくれることは名誉でありうれしいことでもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る