優等生デスパイネに課せられたキューバ政府からの“使命”

公開日:  更新日:

 キューバの助っ人にロッテ伊東監督が相好を崩した。

 国内リーグに出場していたため来日が遅れていたデスパイネ(28)が12日、チームに合流。11日に来日すると、すぐさま一軍が試合を行っている埼玉へ。フリー打撃と守備練習で汗を流し、15日の日本ハム戦から出場する予定だ。

「早く日本で体を動かしたかったんだ」と話したデスパイネに、伊東監督も「一日でも早く合流してほしいと思っていた。いきなり練習するとは思ってなかったけどね」とニンマリだ。

 とはいえ、これまでキューバ政府経由で日本球界入りした選手のうち、マトモなのは昨季.311と活躍し、きちんと来日したデスパイネだけ。巨人のセペダ(35)は13試合でいまだ打率ゼロ。昨季も.194と戦力にならなかった。DeNAをクビになったグリエル(30)に至っては、来日を拒んで契約解除に。至宝とは名ばかりの「不良物件」だった。日本球界はもちろん、キューバ政府も彼らに苦い顔をすることしきりだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る