優等生デスパイネに課せられたキューバ政府からの“使命”

公開日: 更新日:

 キューバの助っ人にロッテ伊東監督が相好を崩した。

 国内リーグに出場していたため来日が遅れていたデスパイネ(28)が12日、チームに合流。11日に来日すると、すぐさま一軍が試合を行っている埼玉へ。フリー打撃と守備練習で汗を流し、15日の日本ハム戦から出場する予定だ。

「早く日本で体を動かしたかったんだ」と話したデスパイネに、伊東監督も「一日でも早く合流してほしいと思っていた。いきなり練習するとは思ってなかったけどね」とニンマリだ。

 とはいえ、これまでキューバ政府経由で日本球界入りした選手のうち、マトモなのは昨季.311と活躍し、きちんと来日したデスパイネだけ。巨人のセペダ(35)は13試合でいまだ打率ゼロ。昨季も.194と戦力にならなかった。DeNAをクビになったグリエル(30)に至っては、来日を拒んで契約解除に。至宝とは名ばかりの「不良物件」だった。日本球界はもちろん、キューバ政府も彼らに苦い顔をすることしきりだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る