菊地出遅れ藤田は予選落ち 全英女子キャンセル組の体たらく

公開日: 更新日:

【meiji cup】

 地元北海道出身の菊地絵里香(27)がイーブンの22位タイと出遅れ、藤田光里(20)は9オーバー89位タイで予選落ちした。

 この2人、先週開催された女子メジャー「全英リコー女子オープン」の出場資格がありながら、地元の試合を優先。

「万全の準備をしたい。(今年)初優勝した私のプレーを待っている人もたくさんいるので……」(藤田)、「全英をスキップしたことは後悔していない。万全の体調でプレーしたかった」(菊地)と言う。

 メジャー大会は、プロであれば誰もが憧れる舞台。出たくても出られないプロが世界には山ほどいる。だが、2人ともそんな名誉ある大会を欠場。わざわざ今大会に照準を合わせながら、この体たらくである。

 例えば松山英樹(23)は先月、全英オープンでプレー後、翌週の福島オープンに出場。全英が悪天候のため1日順延、大会前日に福島入りする強行日程だった。時差ボケと長時間移動の疲労、ほぼぶっつけ本番にもかかわらず、4日間、全力プレーを見せ、米ツアーで磨いた技術を惜しみなく披露。詰めかけた観客の声援に応えていた。これぞプロである。

 出たい試合にしか出場しない選手など、プロとして甘いとしかいえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  9. 8

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  10. 9

    還元率25%マイナポイントへの遠い道のり…記者が区役所へ

  11. 10

    松尾貴史さん ナンシー関さんは自分を厳しく律していた

もっと見る