朴仁妃メジャー7勝目 日本女子プロは韓国人になぜ勝てず?

公開日:  更新日:

【全英リコー女子オープン】(英国・ターンベリー・エイルサC=6410ヤード・パー72)

 世界ランク1位の朴仁妃(27)が1イーグル、7バーディー、2ボギーの「65」というビッグスコアを叩き出して、5位発進からの逆転でメジャー7勝目を挙げた。朴は今年6月の全米女子プロ選手権でも勝っており、7月の全米女子オープン勝者のチョン・インジ(20)に続いて韓国人プロがメジャー3連勝である。今大会も3位タイまでの4選手中3選手が韓国人。もう1人のリディア・コ(18)はニュージーランド国籍を持つが、両親は韓国人。韓国人プロの強さばかりが目立った。

 一方、日本人プロはといえば、宮里美香(25)が首位と2打差4位発進で、樋口久子(女子プロゴルフ協会相談役)の1977年全米女子プロ以来、38年ぶりのメジャーVも期待されたが、最終日は1つスコアを落として通算5アンダー7位フィニッシュ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る