楽天・松井に「先発復帰」プラン 星野氏陣頭指揮で急浮上

公開日:  更新日:

「抑えは今年限りかもしれないね」

 楽天のチーム関係者がこうつぶやいた。9日のロッテ戦で、95年のオリックス平井を抜き、高卒2年目で最多となる28セーブ目を挙げた松井裕樹(19)のことである。

 今季、抑えに抜擢した大久保監督(48)は成績不振などの責任を取り、今季限りで退任する腹積もり。さらにチームがゴタゴタを招いたこともあり、前監督の星野SA(68)が球団の取締役副会長に就任することが決まった。事実上の編成の責任者として、陣頭指揮を執る。

「星野さんであれば、来季から松井を先発に戻す可能性はあるだろうね。松井の新人年、ヤンキースに移籍した田中の後継者として期待を寄せ、巨人とのオープン戦に初先発させ、実力不足と知りながらも開幕ローテにも入れた。自身が腰の病気から復帰した際には、中継ぎ起用していた松井を先発に戻してもいる。将来の球界を背負う投手として、大きく育てようという意図があった。松井にしても、今でこそ抑えで数字を残しているが、ストッパー転向を言い渡されたときは『先発に未練がある』と言っていた。抑えで実績を作ったわけだし、本人も先発を打診されれば、意気に感じてやるんじゃないか」(前出の関係者)

 今季の楽天は、則本、戸村の7勝がチームトップという状況で、先発の強化が最重要課題となっている。高卒2年目で成長を見せた左腕は来季、先発でさらなる飛躍を見せるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る