星野仙一氏「楽天取締役副会長」就任で狙う“次なる椅子”

公開日:  更新日:

 いよいよ準備に入ったか。

 楽天が8日、前監督の星野仙一シニアアドバイザー(SA=68)が球団のシニアアドバイザーから取締役副会長に就任したと正式発表した。7日に臨時の株主総会を行い、承認された。

 楽天の立花陽三球団社長(44)は、「最高責任者です。GMではなく、それ以上。経営にも参加していただく」と語ったが、星野氏の当面の仕事は、辞意を固めている大久保監督(48)の後任探しになりそう。とはいえ、球団の取締役となれば、球団経営に携わるだけでなく、球界に対する発言権もこれまで以上に増すことになる。

 星野SAは中日の監督時代から、球界発展のために歯に衣着せぬ物言いで苦言を呈してきた。ドラフト改革、球団増、選手のレンタル移籍等々。昨年も交流戦に関し、セとパが自分らの利益ばかりにとらわれていることについて、「セ・パではない。12球団を一つとして考えないといかん」と、両リーグに属した立場で一喝した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る