星野仙一氏「楽天取締役副会長」就任で狙う“次なる椅子”

公開日: 更新日:

 いよいよ準備に入ったか。

 楽天が8日、前監督の星野仙一シニアアドバイザー(SA=68)が球団のシニアアドバイザーから取締役副会長に就任したと正式発表した。7日に臨時の株主総会を行い、承認された。

 楽天の立花陽三球団社長(44)は、「最高責任者です。GMではなく、それ以上。経営にも参加していただく」と語ったが、星野氏の当面の仕事は、辞意を固めている大久保監督(48)の後任探しになりそう。とはいえ、球団の取締役となれば、球団経営に携わるだけでなく、球界に対する発言権もこれまで以上に増すことになる。

 星野SAは中日の監督時代から、球界発展のために歯に衣着せぬ物言いで苦言を呈してきた。ドラフト改革、球団増、選手のレンタル移籍等々。昨年も交流戦に関し、セとパが自分らの利益ばかりにとらわれていることについて、「セ・パではない。12球団を一つとして考えないといかん」と、両リーグに属した立場で一喝した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る