楽天が就任を本格検討 「星野GM」に託される“本当の仕事”

公開日: 更新日:

 本当の仕事はチーム編成ではない。

 一部スポーツ紙が報じた「来季、楽天星野GM就任」について、楽天の安部井チーム統括本部長は4日、就任を検討していることを認めた。

 現在は、楽天のシニアアドバイザー(SA)という立場の星野仙一氏(68=写真)のGM(ゼネラルマネジャ-)就任が決まれば、チーム編成や監督人事など、現場に関する全権が託されるわけだが、この人事には別の意味もあるのではないか。

 阪神は、12年9月に阪神、オリックスで監督を務めた中村勝広氏をGMとして招聘したものの、他球団からの評判はよろしくない。例えば、トレードや補強に関してGM自身がどこまで決められるのか疑問視されており、「最後は南球団社長のハンコがなければ決められないのでしょう。GMにトレードを申し込んでも即決できない」との声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    山口県が2000万円で高級車購入 安倍前首相“お国入り用”か

もっと見る