三木谷氏“現場介入”の波紋…アマ球界に「楽天離れ」の可能性

公開日: 更新日:

 楽天のチーム関係者は、今後頭を痛めることになりそうだ。

 7月、田代打撃コーチの退団で三木谷オーナーの「現場介入」が大々的に報じられて以降、アマチュア球界から「白い目」で見られているからだ。

 打順や選手の起用法にまで口を出す三木谷オーナーのやり方にはすでに他チームの首脳陣や選手からも「やり過ぎ」という声が噴出している。当の三木谷オーナーはそんな声もどこ吹く風。いまだ悪びれることなく球団への介入を続けている。この影響で、今オフのドラフト有力候補選手らの「楽天離れ」が始まっているというのである。

 あるパのスカウトによれば、ドラフト1位候補の有力投手の学校関係者は先日、楽天から調査されていることを知った上で、「野球の素人がアレコレ指示を出す楽天だけにはウチの選手を入れたくない。プロ入りしても期待通り育ててくれないですから」と露骨に嫌悪感を示していたそうだ。今のままでは、楽天がドラフト会議で指名した有力選手が相次いで入団拒否をする可能性すらある。

 楽天は一昨年のドラフトで5球団競合の末、くじ引きで松井裕を獲得。昨年もヤクルトと競合の末、安楽を取るなど、クジ運は抜群だが、三木谷オーナーの現場への口出しが続く限り、今後はドラフトで苦労しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る